Make your own free website on Tripod.com

 

アメリカに来て数ヶ月。

アパートに住み始めた僕とルームメイトのコウジは

ホームステイを出て自由が出来た喜びか、

ある種の寂しさを打ち消すためか、

毎晩酒を飲んでいた。

 

酒の話をする前につまみについて書いておきたい。

まず、定番中の定番。

ほうれん草とベーコンのスパゲッティ。

大事なのはベーコンです!

色々な種類を試してついに発見した究極のベーコン。

Farmer Johnのベーコン(の厚切り)。

ここの製品はどれも旨い。

アメリカに行った際は、是非食べて欲しい。

このスパゲッティにははまりまくり、

2日に一度は食べていた。

 

ま、そんな感じで我々はスパゲッティをつまみにして

ビールを飲んでいた。

しかし、車のない我々は近くのスーパーで

全てを揃えるしかなく、ビールもそこで買っていた。

それがバドワイザーだ。

日本のビールを飲んでいる人には

その違いは歴然だろう。

不味くはないが物足りない。そんなビールだ。

しかしそれしか買うことができずバドをいつも飲んでいた。

そんなある日、車を持つ友人が買い物に行くという。

しかも行き先は日系のスーパー!!

そしてそこには当然のように日本のブランドのビールが。

キリン、アサヒ、サッポロ。なんでもござれである。

でも、よく見てみるとみんな日本の製品と少し違う。

キリンを見てみるとアメリカで生産されたビールだった。

そしてサッポロも。

元々、アサヒスーパードライ党ノドゴシ命の二人は

最後の期待をかけてアサヒスーパードライを見た。

そうしたら、ロゴの上部に誇らしげに

IMPORTED

の文字が!

そう。日本の缶にはKARAKUCHIと書いてある部分だ。

売りであるカラクチを敢えてIMPORTEDにしたのも

やはり他社に差をつけるためであろう。

アサヒよ、やはりお前は頼れる奴だ。

ここぞとばかりに僕とコウジは

無言でケースごと幾つもカートに放り込んだ。

これからの生活もこいつさえいれば安泰だ!

その晩、久しぶりに飲むスーパードライを楽しみにしながら

いつもより少し急いでパスタを茹で始めた。

そして、乾杯である。

ゴクゴクゴク。

っあー!このノドゴシ!たまりませんなー!!

やはりスーパードライは我々のヒーローだった。

頼れる奴。

その晩、いつもより空の缶が多かったのは言うまでもない。

その日以後、我々は毎日日本からの友(buddy)と夜を明かした。

 

 

しかし、その瞬間は突然やってきた・・・。

ある日、いつものようにスーパードライを飲みながら

既に空になった缶を眺めていると・・・

ん?

 

 

brewed in Canada

 

 

我々が友だと思っていた奴は

IMPORTED from Canadaだったのだ・・・。

 

お前がカナダ人だったとはな。

早く言ってくれればよかったのに。

それにしてもお前、なかなかいい味だったぜ。

 

 

copyright©2004, days of my...